オンデマンド印刷に関するさまざまなコラム。 TOP > コンテンツ一覧 > オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い。

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い。

従来の印刷方法である「オフセット印刷」と新しい印刷方法である「オンデマンド印刷」。
この両者の違いは、どのようなものが挙げられるでしょうか?

●オフセット印刷

「版」が必要になる印刷のことで、「平版印刷」の一種となっています。
版にインキをつけ、紙に転写することで印刷を行います。
例えば、版画や芋版なども手軽に行えるオフセット印刷といえるでしょう。
実際の印刷方法はもっと複雑ですが、イメージとしては間違っていません。
オフセット印刷で使用される印版は、アルミニウムでできた薄い板となっています。

オフセット印刷は印版があることで大量印刷が適しています。
逆に印版を製作するためにはコストが大きくかかってしまうため、少部数印刷には不向きです。

●オンデマンド印刷

オフセット印刷とは異なり版が不要な印刷のことで、「無版印刷」とも呼ばれています。
パソコンからデータをプリンターに送信して印刷を行います。
業務用のオンデマンド印刷は、デジタル印刷機が大変大きく、大型のカラーレーザープリンターを用いたり、静電トナー方式のプリンターを接続することで印刷を行います。

印版が必要ないため、少部数印刷に向いています。

このような違いが挙げられるため、印刷部数やコストを考慮して使い分けをすることが一番良いとされています。

    お薦めWEBインフォメーション

  • 従来のビビッドカラーに比べ、パステルカラーにすることにより目に優しく周囲の雰囲気とうまく調和が取れるプラスチックダンボールを探しているなら、イベント用の装飾物から商品POPまで、梱包用素材意外にも多様な使用用途があり、好評です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) オンデマンド印刷に関するさまざまなコラム。 All Rights Reserved.